スマホの修理を任せるお店選びで注意したいこと

修理が終わって戻ってくるまでの納期

スマホが修理から返ってきてまた使えるようになるまでの期間はなるべく短いほうが良いという人は少なくないでしょう。その点でいうとスマホの保証を使ってメーカーに修理して貰う方法はあまりおすすめできません。メーカー修理はメーカーの工場にスマホを送る必要があるため、行き帰りの輸送期間で2週間ほど掛かってしまい、それに加えて実際に修理にかかった時間が上乗せになるため、かなりの長い期間スマホが手元から離れることになります。非正規のパーツで修理してくれるスマホ修理業者などを利用する場合、当日すぐに修理が完了する事が多く、日帰りで修理が終わったスマホを持って帰れるので非常にスピーディーです。しかし非正規パーツで修理する形になるため稀にパーツ同士の相性が悪く不具合が起きる可能性もあるということには注意しておく必要があるでしょう。

スマホ修理業者にも善し悪しがある

スマホ修理業者の多くは、スマホやPC等のパーツを取り扱っているお店がそのサービスの一環として行っている形になります。しかし中には実店舗がなく、レンタルスペースなどを使って営業しているスマホ修理業者も存在します。あくまでレンタルした場所で修理を行っているので業者のちゃんとした身元が分からず、場合によっては修理後に不具合が出ても連絡がつかなくなるケースなどがあり、リスクが高い問題があります。スマホ修理業者はきちんと実店舗を構えており、修理後の不具合の保証や掛かる料金などをわかりやすく記載している所を選ぶとよいでしょう。

スマホ修理の三宮は修理費用が格安に設定されていますので、修理に関する予算が心配な方でも安心して依頼をする事ができます。