どれくらい持つの?LED電球の寿命と長く使うコツ

LED電球の特徴と平均寿命

時代の移り変わりの中でLED電球の需要が増加傾向にあります。LED電球が人気となっている大きな理由の一つが寿命の長さです。使用する環境で長さは変わりますが、従来の蛍光灯の寿命が平均1万時間前後なのに対して、LED電球は約4万時間使えると言われています。1日の使用量が10時間で計算した場合、寿命を迎えるまで約10年です。日中の明るい時間帯は使用することが少ない自宅の照明器具であれば、10年以上利用できるケースも珍しくありません。面倒な取り換え作業を最小限にい抑えられるという手軽さが魅力と言えます。

寿命が短くなってしまうケース

前述したようにLED電球は約4万時間と長期間にわたって使用できるのが特徴ですが、これは正常な状態で使用した場合に限ります。環境によっては極端に寿命が短くなってしまうケースも少なくありません。LED電球を使う上で気を付けなくてはいけないのが外部からの衝撃です。電球に使用されている素子は元々衝撃に強い設計で作られていますが、発光させるための回路などは振動などで故障してしまうこともあります。回路の不具合は寿命に影響を及ぼすので注意が必要です。

少しでも長く利用するコツ

LED電球を長く使用し続ける重要なポイントとなるのが電力の安定です。電気は場所ごとに電圧と電流の適性が決められています。規定よりも下回る状態で使い続けると、負荷が掛かって寿命が短くなってしまうので注意が必要です。LED電球を使用する時は、事前に電圧と電流の数値を確認して、正しく使えるようにすることが寿命を延ばすコツになります。

ledパネルとは、ledライトを使った画面が光るポスターのことです。飲食店などの店頭や展示会などで使用されています。