マーケティングオートメーションの導入によるメリットとデメリットとは?

営業活動を効率化することで顧客数の増加が期待できる

マーケティングオートメーションは、システムを用いて固定客や新規顧客の動向を把握することで、より良い形で自社の商品をアピールしたり、営業活動の手間を省いたりすることが可能となります。特に、営業担当者の数が少ない企業においては、なるべく事業内容に適したシステムを導入することによって、最小限のコストでスムーズに顧客数の増加を期待することができます。最近では、大企業だけでなく中小企業をターゲットとしたマーケティングオートメーションのシステムも続々と登場しています。そうした中、社内の営業活動に関する様々な問題を解決するうえで、余裕を持って経営者や営業部門の責任者が中心となって、費用対効果が高いシステムの特徴を理解することが肝心です。

システムを使いこなせるまでに時間が掛かることもある

マーケティングオートメーションのシステムは、パソコンや情報処理が苦手な人にとって扱いにくかったり、基本的な機能を使いこなせるまでに時間が掛かってしまったりすることもあります。たとえば、顧客数や扱っている商品の数が多い企業においては、営業活動に支障をきたさないために高性能のシステムの導入しなければならないこともあり、導入時に従業員の教育が不可欠です。そこで、一人ひとりの営業担当者が現場でマーケティングオートメーションのシステムを上手く使えるようにするには、早い時期から従業員のスキルに合った研修のプログラムを考えたり、自社内や外部の研修担当者を探したりすることが肝心です。

マーケティングオートメーションは、顧客が求めている商品やサービスについて分析をしたり、新規客や固定客へのプロモーションをしたりする際に活用可能です。