仮想通貨の技術や用途について簡単に解説!

仮想通貨って何のこと?

仮想通貨とは国家が発行し通貨として保証する法定通貨(円、ドル、ユーロ等国による通貨)ではなく、ブロックチェーン技術を使用したセキュリティーが堅固な通貨で、国ごとに定められている以外の通貨のことを言います。
第三次産業革命はインターネットの登場と普及で、様々な技術がインターネットを使うことで飛躍的に成長しました。
仮想通貨は第四次産業革命と言われており、Financial Technologyを略したフィンテックと言う金融のIT技術によって、金融とITが融合することで世界中のお金の取引を瞬時に行えるようにする技術です。
フィンテックの実現のために仮想通貨というブロックチェーン技術を用いた通貨が開発されました。

仮想通貨のブロックチェーン技術は?

ブロックチェーンと言うのは、データを保管するデータベースのことですが、一定の取引をブロックとして捉えながら、そのブロックをチェーンのように連結させていくことで、改ざんやデータベースに記録された仮想通貨を盗難されないようにした技術です。
このブロックチェーン技術は、ほとんどの通貨で誰がどの様なコインを何枚保有しているかを、全員が見ることができるようになっているのがブロックチェーン技術の特徴です。

仮想通貨はどのようにして使用できるのか!

世界で、仮想通貨を決済方法として取り入れているお店で使うことが出来ます。
使用方法はスマホからアクセスするモバイルウォレットが代表的です。
スマホに仮想通貨のデータを保管して、決済の時にバーコード認証すると決済される方法です。
現金を持たなくてもスマホがあれば決済できるのは便利です。
仮想通貨の取り扱いが増え、個人にも普及していくことで今以上に便利になればいいですよね。

ショッピングや、投資、国際送金等、様々な使い方のできる仮想通貨ですが、本当に重要なのはブロックチェーンという技術だということです。それは、将来的に私たちの生活を一変させるかもしれません。